小売業ながら無店舗で株式会社Gioは事業展開

小売業は、実店舗を展開し、その評判が高まったことで多店舗経営やインターネット経営を行うということが多くあります。ですが、株式会社Gioは一貫した無店舗で事業を展開している小売業として注目されています。無店舗といっても、株式会社Gioは決して小規模な小売業者ではなく、大手のレディースアパレルECサイトであるGRLを運営している会社で、その規模は資本金3,000万円、年商30億円という企業になっています。この年商30億円を売り上げる小売店を支える正社員の数はどのくらいかというと、40名ほどといいます。通常、アパレル業界において、一人当たりの売上高というのは、約2,500万円と言われていますが、株式会社Gioの場合には、一人当たりなんと約7,600万円となる計算です。

つまり、株式会社Gioは非常に効率が良い事業を行っているということにもつながってきます。この株式会社Gioの効率の良い事業はどのように行われているのかも気になるところです。株式会社Gioでは、市場ニーズに合った商品をタイムリーに提供できる仕組みづくりを行ってきたということです。10代~20代といった若い世代の女性がターゲット層となっているGRLで受けた注文はそのデータを即社内の販売管理システムに連動させて、物流センターや財務会計処理へと流すことが出来るよう、あえて社外ではなく、自社内で行う仕組みとなっています。自社で物流倉庫も持ち、迅速に出荷できる体制づくりを行っているということです。店舗経営をする必要がない分、商品が店舗に点在するということがないため、在庫管理なども行いやすい環境が出来上がっています。

株式会社Gioが運営するGRLでは在庫状況がリアルタイムでECサイト上に反映されるなど、スピード感があるECサイト運営が行われています。実店舗を持ち小売りを行うよりも、このスピード感は早いとも言われています。無店舗だからこそのスピード感を支えるのは、株式会社Gioで働く一人一人のスタッフということも言えます。実際にGRLのユーザーからの評価を見てみると、タッフの対応や梱包、配送といった部分は非常に高い評価を受けているという点が見られます。できるだけ良い品物を、低価格で、そしてスピード感を持って提供することができるよう、社内のスタッフ全員が頑張っている企業です。無店舗というユーザーの顔が見えない形態だからこそ、より満足度が高い事業を展開しようと努力している企業になっているということです。この先の発展も期待できる会社といえます。

最適化されたECサイトを株式会社Gioは展開

若い世代が通販サイトを閲覧するメディアとしてよく利用しているのは、携帯電話やスマートフォンといったもので、パソコンを利用している人の率は低くなってきています。10代~20代の若い女性をメインターゲットとしている株式会社GioのECサイトGRLは、この点に着目してより携帯電話やスマートフォンで閲覧しやすいECサイト作りを行っているということです。株式会社Gioは自社のサイトを主にチェックするターゲット層が、より見やすい購買画面を提供する、ということで株式会社GioのGRLの売り上げは右肩上がりになってきています。もともとネットショップ市場は拡大を遂げている状態ですが、株式会社Gioの場合には、その拡大規模が非常に高まっています。

平成21年度から平成24年度の3ケ年度の成長率は、約375G%という伸び率になっています。商品の細かい部分を紹介しようと考えれば、大きな画面に沢山の情報量で商品を紹介する方がよいと考えがちですが、株式会社Gioではそれよりも、メインターゲットが常に持ち歩く携帯電話やスマートフォンで見やすくすることを念頭においたサイト作りを行い、隙間時間に商品をチェックして、購入しやすいように最適化するということを行いました。その結果が、株式会社Gioの成長率につながってきています。ファストファッションに代表されるように、10代~20代の女性は、スピード感がある取引を希望しています。欲しい商品を手軽に探し、探し出した商品を手軽に買いたい。という希望を、見事に株式会社GioのECサイトは叶えることができているということです。

ユーザーのこと、そして市場のニーズをしっかりと把握することができるのは、ひとえにそこに向かって頑張っている株式会社Gioのスタッフの努力の賜物ということもできます。そういうと、かなり息苦しそうな職場というイメージも出てきますが、働くスタッフは20代~30代が中心で、ファッションに興味がある方が多いということです。服装も髪型もかなり自由という雰囲気を持つ社内は、どこのお店にオシャレな商品があったといいうような話題も多く、スタッフ自体が楽しんで仕事に取り組んでいる姿勢も見えるといいます。自身が楽しく仕事をし、さらに自分たちがこの年商30億というレディースアパレルECサイトを支えているという自覚あるプロ意識で働いているということです。若いスタッフが多いからこそ、若いユーザーから共感を持ってもらえるECサイト作りも可能になっているとも言えますね。

株式会社Gioによるターゲットの絞り込み

ECサイトの運営を行う上では、必ずしも幅広い年齢層に向けた商品展開をする必要がないケースがあります。株式会社Gioが展開しているレディースファッションのECサイト、GRLは、ある意味に非常に狭い10代から20代の女性というターゲットに絞り込んだ商品展開を行っています。ですが、このGRLの売り上げは年々成長をしていて、ある3か年の成長率は約375G%という急成長ぶりを見せています。

なぜ株式会社Gioはこのような急成長を遂げることが出来たのかというと、メインターゲットを絞り込んだ商品展開をしているからという理由が出てきます。多くの商品を取り扱うことにはリスクが当然出てきます。もっとも大きなリスクとしては在庫リスクです。ですが、株式会社Gioは在庫リスクを起こさないように、ユーザーの動向を素早く把握できるようにメインターゲット層を絞り、さらにこのターゲット層の購買意欲を高めるための企業努力を重ねているということです。

株式会社Gioが運営しているGRLのメインターゲットとなる10代や20代の女性は、収入面では高いとは言えませんが、非常にファッションに対する興味、意欲が高い年代です。そのために、株式会社Gioでは低価格で商品提供が出来るように、経営者が商品の買い付け、そしてデザインなどを行うなど、自社内で手掛ける仕事が非常に多くなっています。つまり、低コスト化が徹底されているのが株式会社Gioということになります。低コスト化というと、株式会社Gioで働く人たちの賃金カットなどが行われているのではないかと感じますが、実際には20代から30代の若い世代の社員が、おしゃれなお店の話題などで盛り上がっていることも多いという活気良い職場となっているといいます。自分自身もファッションが好きというスタッフが会社の方針に沿ってしっかりと業務に取り組んでいるというのが、この企業の特徴的な部分ということができます。

実際に店舗を持って販売を行っているというわけではないため、働く人の髪型もネイルも服装も自由という自由度の高さも、20代から30代のスタッフが多い理由になっているようです。同年代のスタッフと共に、活気ある職場で働いてみたいという方にとっては、お勧めできる職場環境ということもできます。ECサイトGRLの企画運営、製造、販売、物流などを社内で一貫して行っている株式会社Gioは、ファッションに興味があるという方にとっては魅力ある職場環境がある企業ということができそうですね。

株式会社Gioの人気モデルを起用する戦略

テレビや雑誌などで活躍する有名なタレントさんが着用している服を着たい。というニーズはとても高くなっています。株式会社Gioはこのようなニーズを逆手に取り、10代から20代の女性向けのレディースアパレルECサイト「GRL」で、人気モデルを起用して株式会社Gioが企画したファッションアイテムを着用してもらい、ユーザーが着てみたい、買ってみたいという購買意欲を掻き立てる経営戦略を取っています。ですが、人気モデルだからこそ似合うのでは?という疑問をもつユーザーももちろんいます。そのため、株式会社Gioでは実際に普段の生活スタイルに合ったイメージを画像で提供することで、GRLのユーザーが自分の生活の中で使えるファッションであることを、ECサイトを通じてイメージを膨らませやすいサイト運営にも心掛けているということです。

実際に株式会社Gioではこのようなモデルの選定やイメージ画像の制作などを、社内スタッフが行っているようです。メインターゲットである10代から20代の購買行動は、手元の携帯電話やスマートフォンで商品をチェックし、欲しいと思ったものをすぐに注文をするという行動が多くなっています。株式会社Gioはこのようなターゲット層の購買行動を把握し、携帯電話やスマートフォンでの閲覧や購入が行いやすいECサイト作りを行っています。画像には自社オリジナルのファッションアイテムを人気モデルに着用させたものや、普段の生活シーンをイメージした画像を多用するなど、あこがれる服、自分が着た時のイメージを持ちやすい工夫を行っているということです。

株式会社Gioで働くということは、このようなECサイトの運営に携わることになります。どうしたらイメージしやすい画像を提供できるか、この世代の心をつかむためにはどのようなモデルを起用するのがベストなのかということなどを、考えて提案をしていくといったことも可能です。ファッションに興味があるという方であれば、株式会社Gioで楽しく仕事をすすめていける可能性が高くなります。働く人たちも20代や30代といった年代が中心で、スタッフ自身もおしゃれに関心が強い人があつまっているということです。どこのお店がオシャレだったといったような話題で盛り上がることも多いという職場になっているといいます。自分が携わった商品が話題になり、ヒット商品となれば、有名なファッション雑誌に取り上げられる可能性もあるほど、株式会社Gioはファッション業界にも影響力をもつ企業です。

受注から納品まで一元管理しスピード感がある株式会社Gio

10代や20代に絶大な人気を誇っているECサイトGRLを運営する株式会社Gioは2004年に設立された若い会社です。ですが株式会社Gioは日本で有数のレディースファッションECサイトを運営する企業として成長し続けています。この成長は、受注から納品までを株式会社Gioの独自IT技術によって一元管理を行い、お客様が注文した内容をスピーディーに処理し、商品をいち早くお客様のもとにお届けすることができる仕組みづくりを行っている会社だからこそということができます。

株式会社Gioが運営するGRLのメインターゲットとなっている10代や20代の女性は、欲しいものはなるべく安く、そして早く手に入れたいという世代となっていますので、受注から先の作業にスピード感が必要となります。従来のECサイトの手法では、このスピード感に対応できませんが、株式会社Gioが行っているスピードを重視した経営手法が、ニーズにマッチし、ターゲットユーザーとなる10代や20代の女性から支持を受け、この株式会社Gioの急成長を後押ししています。

では具体的にどのようにスピード感をだしているのでしょうか?株式会社Gioでは、WEBサイトの運営及び受注管理といったものを外部委託せず、全て社内人材で行っているということです。受注があった段階ですぐさま出荷指示が物流センターに流れる仕組みを作り上げることで、株式会社Gioでは納品リードタイムを4日以内とすることが可能となったということです。物流センターも株式会社Gioでは自社で持っているため、このようなスピーディーな納品も可能となっています。これだけスピード感がある企業ということで、社内も自然と活気が出てくることが想像されます。ファッションが好きという20代から30代のスタッフが集まり、自分たちの仕事にプロ意識を持って働くことができる企業が、この株式会社Gioという企業になっているようです。大変な部分も確かにあるかと思いますが、その分やりがいを持って仕事に取り組むことが出来るということも言えそうです。

自分が人気サイトを支え、さらなる成長に関与できるというのは、非常にやりがいを持って働くことが出来る職場ということもできそうです。自分が携わった商品が、有名ファッション誌に掲載される可能性も、夢ではないといえます。街を歩いている中で、自分が企画したファッション、流通させたファッションに出会える可能性が高い企業で働きたい、そのような夢をかなえてくれる企業といえそうです。

[おすすめサイト]・・・株式会社Gioの最新情報 – Wantedly

Updated: